赤ちゃんとお母さんにやさしい自然なお産それは無理をしない・させない待つお産

H26年度・経験談

H26年度・経験談

三人目も自宅で生まれました。

一回目の大雪の日にあっという間に生まれました。

ママは子宮口が半分も開いているのに陣痛に気がつかなかったみたいで・・・。

風邪を引いたみたいで具合が悪いと連絡を受けたので様子を見に行くことにしました。

すると、陣痛が来ていて「あれま!これお産になるわよ」ということでお産の準備をしていると破水をしました。

すると「あらま~生まれちゃったわよ」ってね~。

産道はかすり傷ひとつ無く生まれるのだから「すごい!!」でしょ! 経産婦さんて。

画像の説明
画像の説明





三人目も助産院で。

上二人はお兄ちゃんです。三人目はお嬢様でした。

二回目の大雪のあと交通状況が改善したところで陣痛がついて驚きのスピードで出産されました。

あまりの安産に助産師は腰を抜かしそうになりました!!!

「うそでしょ!」というくらいの超スピード出産でした。

でも、大雪の日に陣発しなくて本当に良かったです。

「神様、ありがとうございます!」って感謝の合掌です。

画像の説明画像の説明
画像の説明
一番上のお兄ちゃんが大雪のため、枝の折れた紅梅をお母さんに持ってきてくれました。素敵な香りが春の訪れを知らせてくれました
画像の説明


画像の説明画像の説明



三人目は自宅で。

上二人のお兄ちゃん達は病院で出産、今回は自宅出産を選択されました。

ママはあなたがお腹の中に宿った始めのころから予定日が2月ということで雪の心配をしていました。

なんとその心配は的中してしまい40年ぶりとも言われる大雪が連続で2回も続き、ハラハラドキドキでした。

そして3回目の雪の予報があった日の前日に陣痛がついて、無事出産されました。

まるでママの気持ちがわかっているみたいにタイミング良く生まれてくれましたね。

まあ天気予報ははずれましたが・・・。めでたし!めでたし!



画像の説明
画像の説明





二人目は自宅で!

お兄ちゃんは病院で生まれたけれど、今回は自然に産みたいというお母さんの希望で自宅出産になりました。

その日は朝から、何となく軽い陣痛らしき痛みがあったようだけれど、助産師が連絡を受けたのは、夜の7時過ぎごろ。

すでに5分間歇くらいで陣痛があるということで、慌てて家を飛び出しました。

20時前に到着をして診察をすると子宮口は3~4cmで陣痛間歇は3~4分だったので、ちょっと安心したのだけど、20時にご主人が帰宅すると、強い陣痛が2~3分おきになり、あっという間に子宮口が全開し破水をするとすぐに生まれてしまいました。

[添付]画像の説明画像の説明画像の説明





二人目も助産院で。

予定日を11日も過ぎて、やっと出産になりました。

今回は初回の分娩の時よりも痛みが強かったとのことでしたが、赤ちゃんの姿勢が悪く、いわゆる「廻旋異常」があったからだと思います。

でも、さすがに経産婦さんです。強い陣痛が来るとベビーは態勢を直して正常な形で生まれてきました。

新米お姉ちゃんは、びっくりするほどおりこうさんでお母さんの入院中、パパと二人で過ごしました。

ママが退院した翌日は幼稚園の入園式でした。

ママは入園式に出られなくて、とても残念に思ったかもしれませんが、人生、いろいろありますから・・・。



画像の説明&show(DSC00314.png,,画像の説明)
;画像の説明
画像の説明





<初めてのお産>

実家の近くの助産院ということで、当院へお見えになりました。

勤労婦人です。

身体が細く少し心配しましたが、無事元気なお坊ちゃまをご自宅で出産されました。

画像の説明
画像の説明
画像の説明





<3人目は自宅で>

3人目ではあっても3800gもあれば時間がかかります。

やはり、大きいとたいへんです。

でも、時間が経てば元気に誕生してくれます。

上二人はお兄ちゃん、今回はお嬢さんでした。

画像の説明
画像の説明





<二人目は助産院で>

分娩時間は2時間40分と安産でした。

上はお兄ちゃんで、今回はお嬢さんでした。

パパがとてもうれしそうでした。

画像の説明
画像の説明





<初めての出産>

初めての外来診察の時は義理のお母さんがご一緒でした。

諸々の事情があり、状況は厳しかったけれど赤ちゃんが生まれたことで好転していきました。

赤ちゃんがみんなを結びました。

溢れるほどの母乳でスクスク育っています。

お母さんになったら、いろいろ学ぶことが多いですね。

がんばってください。

&show(): File not found: "DSC01165.png" at page "H26年度・経験談";
画像の説明





<お一人目は助産院で、お二人目は自宅で>

とても頑張り屋さんのママさんは、義理のお母様が助産師さん。

最初の出産のときは出産に立ち会ってお手伝いをしたのだそうだが今回はお二人目ということもあってか隣室で待っておられました。

上はお姉ちゃん、今回はお坊ちゃま

ご主人もお母様もとてもお喜びのご様子。

画像の説明
画像の説明





<初めての出産>

ほんわかとした雰囲気のあなたは、実はたいへんな頑張り屋さんだったのね。

37週で突然、早朝に連絡をいただいたものの一瞬「誰!?」と戸惑ってしまいました。

予想をしていなかったのでビックリ!でした。

でも37週で良かったです。一日早いと病院での出産になるところでした!ギリギリセーフ!

それでもベビーは2888gありましたね。予定日までお腹にいたら3kgは超えていたと思います。

お産は驚くほど安産でしたね。

完全母乳でのんびりと子育てをされていますね。

画像の説明
画像の説明





<初めての出産>

戸塚からお母様とおねえさんと3人で診察にいらっしゃいましたね。とても仲良しでにぎやかで笑いが絶えないご家族です。

お母様があなたを助産院で出産された経験から、お母さまの勧めで助産院出産を選択されたのでしたね。

ベビーがなかなか生まれなくて、ドンドン大きくなっていくお腹に不安がいっぱいでしたよね。

3335gの大きなベビーを9時間という時間で、そして思ったよりずっと順調に出産されて安産でしたよ。

見た目よりずっとしっかりしていて驚きました。

家族の支えもあって、しっかり子育てできているようですね。

育児がこんなにも大変とは・・・とちゃっぴり弱音が出たりしたけれど、まずまずがんばっていますね。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明





<初めての出産>

いろいろな不安や心配を抱えて、妊娠期を乗り越えました。

初めてのお産は時間がかかります。

もう、だめかと思ったのだけどある時間帯から俄然頑張る気持ちが強くなり、頑張りに頑張って無事元気にお嬢様を出産されました。

お母様がずっとつきっきりで励まされました。

本当によく頑張りました!

画像の説明
画像の説明





<3人目は助産院で>

妊娠後期で転院して来られました。

妊娠中の検診をきちんと受けておられたので嘱託医の許可が出ました。

出産は本当に安産でしたね。

画像の説明
画像の説明





<3人目も助産院で>

上二人を出産をした助産院が閉院したため、当院に来院されました。

落ち着いたみごとなお産でした。

画像の説明
画像の説明





<初めての出産>

きゃしゃな身体のあなた、すご~くがんばりましたね。

ご主人さまはずっとつきっきりであなたを励まし続けられましたね。

ほんとに初産はたいへんです。よくがんばりました!

画像の説明
画像の説明
画像の説明





<二人目も助産院で>

初めてのお産は助産院で3000gのベビーを30時間かけて出産。

今回は2750gのベビーを驚きの2時間弱で出産。

画像の説明





<3人目、4人目、5人目と助産院で>

4人目の時は3100gのベビーを13時間かけて、今回は3300gのベビーを25時間かけて出産。

お母さんは3000g以上のベビーを産むのはたいへんみたい。

[#nb5d136e]

ごくろうさまでした!

画像の説明
画像の説明





一人目、二人目、三人目は病院出産でした。四人目は助産院出産、そして五人目は自宅出産を選択しました。

今回はベビーちゃんが大きく時間がかかりました。

やはり、ベビーが大きいと大変です。

頭が骨盤の入り口にきちんと入りづらく、産道には余裕があってもなかなか下に降りられません。

待って、待ってお母さんはヘトヘトになりました。

おそらく、もう自然にはダメかと思ったかもしれませんが弱音は一言も発しませんでした。

自然破水をしたのをきっかけに児頭を誘導しました。

児頭がグーと動き、産道に入りました。

そこからは早かったです。

が、10分以内の陣痛がついてから約23時間半かかりました。

ベビーは3650gありました。4人お姉ちゃんで初めての男の子です。楽しみですね。

画像の説明
画像の説明
画像の説明





二人目は助産院で。

お姉ちゃんは自宅で予定日より16日遅れて生まれました。
今回は、前駆陣痛が予定日より一週間も前から頻繁にあり用心のために家族で一泊入院し、散歩にも出掛けて頑張ったけれど陣痛が定期的にならないため、荷物をおいたまま自宅待機となりました。
画像の説明
画像の説明

一泊入院から8日目、41週過ぎたために明日はクリニック受診をしなければならないというその夜に陣痛が本格的に来るようになりました。
助産院まで高速道路を使って4~50分かかります。
ちょうど在宅だったご主人の車で大急ぎで入院となりました。
助産院到着時は子宮口はすでに全開状態、それから15分後に出産となりました。危ないところでした。
画像の説明
画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional