赤ちゃんとお母さんにやさしい自然なお産それは無理をしない・させない待つお産

経験談

自宅出産をして。

初めてのお産(1)

初めてのお産を自宅で出産!?誰に言ってもそう返ってくる。親からも、友達からも。そして二言目には「大丈夫なの?」   

自然に産みたいという強い気持ちから助産院探しをはじめた。まず話しを聞きたいと思い連絡を取る。「お産はやさしいもの」初めて聞くその言葉は自分の中のお産のイメージを覆すものだった。

自宅での健診の時はリラックスでき質問や相談もゆっくりした時間のなか行われ、お互いの信頼関係を築く上で大変役にたった。

家族に囲まれ自然に生まれてきた赤ちゃんは血液などついてなくとてもきれいだった。

夫も私も母もこの上ない達成感と感動を味わったのは確かです。


こんなに大きくなりました。

画像の説明





自宅で自分の力で産みたい!

家族の励ましは安心と力をもらえる。

&show(): File not found: "2011_0323tuyakofuyu30152.png" at page "経験談";
&br
自宅

助産師談:妊娠期間に3kgしか体重が増加しなかったにもかかわらずベビーは3100gあり、初産でもあったためかなり時間がかかってしまいました。もう少しで病院に行かなければならないところでした。ご主人とお母様がつきっきりで励まされベビーは元気に生まれました。






二人目・三人目と自宅で出産!

お産は自然のしくみに従うもの。

三人目も自宅で。

予定日を8日も過ぎてしまってあせりぎみだったけど陣痛が始まってからはさすが経産婦早かったですね。






初めてのお産

会陰をハサミで切らない自然なお産がしたい!

画像の説明

産後3日目で座って授乳!産後が楽!

画像の説明





お産の時間を静かな環境で夫と共に過ごしたい!

画像の説明

初めての出産で超スピード出産でした。ベビーが2600gとちょっと小さめだったせいもあると思うけど本格的な陣痛になってから4時間弱で生まれちゃってびっくり!でした。








病院・助産院・自宅とそれぞれの出産の経験がある母の勧めで初めての出産を自宅で迎える決意をする。

画像の説明&

助産師談・・・出産時の呼吸法も上手でしたが母乳もとても上手にあげられて感心しました。経験豊かなお母様のご指導のたまものでしょうか。








三人目は自宅で。

&show(): File not found: "auto_0j9PoA.png" at page "経験談";
画像の説明

ベビーが2600gとちょっと小さめだったからかとても安産でした。








四人目も自宅で出産をしました。家族が全員揃っている時にタイミング良く生まれてくれました。

4人目の出産です。

やさしい家族に見守られての出産でした。ベビーが4000gとジャンボでしたから産後が少しきつかったようです。








最初は病院出産をしたが、いろいろな情報から自宅の利点に惹かれて今回は自宅出産を選択する事にしました。

二人目は自宅で。

最初の出産の時は「出産=病院」という考えしかなく迷う事無く近所のクリニックで出産をしました。

病院出産の時は出産までは全く問題なく経過をしましたが、いざ陣痛が来て入院した時、分娩までに時間がかかった為に助産師や医師が何人も入れ替わり、深夜の出産であったために担当の医師ではなく助産師も顔見知りの人ではありませんでした。

産後は出血が多く、ベビーはすぐに別室に連れていかれ、その夜は会陰の痛みで朝までほとんど眠れず、連続で出産が続いた為に看護士さんはなかなかつかまらず辛い一晩を過ごしました。

その後、自然育児の会などを通して自然出産をした方のお話を聞く機会があり「次の出産は絶対に自宅出産にしよう!」と決意しました。

今回は破水から始まりましたが本格的な陣痛が来るまで家の中を片づけたり産後すぐに食べたい食事を用意したり、おくるみを縫ったりしているうちにあっと言う間に出産となりました。

出産後は臍の緒がついたままカンガルーケアーをして初乳をあげ、落ち着いたところで作っておいた玄米ご飯とお味噌汁で食事をし、家族とゆったり過ごすことができました。








家族と共に。

画像の説明

予定日より1週間過ぎてやっと出産になりました。

上にお兄ちゃんが二人いて待望のお嬢様でした。予定日より遅れたけれど出産が始まるとさすが経産婦、安産でした。








三人目は自宅で。

画像の説明

とってもとってもにぎやかなお兄ちゃん達に囲まれてちょっぴりめいわく?

画像の説明







二人目は自宅で。

&画像の説明画像の説明

お姉ちゃんは助産院で生まれました。

二人目は早く生まれると聞いていたのになかなか生まれなくて初産のように時間がかかりました。

本当にゆっくりゆっくりのお産だったのでパパもお産に立ち会うことができました。








三人目はもろもろの事情により自宅出産を選択しました。

画像の説明

いろいろ心配があって悩みもあったけど出産してしまえば吹き飛んでしまいました。

お姉ちゃん達も心配だったけど親が思うよりしっかりしていてびっくりしました。








6人目は兄弟全員見守る中、出産になりました。

画像の説明

にぎやかな家族に囲まれて元気にしっかり大きくなってね。








訳あって病院出産でした。 [#c5d6e266]

いろいろ心配がありましたが元気におぼっちゃまが誕生されました。あらかじめ予定の病院出産でしたがとても安産でした。

画像の説明

元気に丸々と母乳で育っています!母乳ケアーに呼ばれました。

画像の説明
画像の説明

パパは剣士、僕も将来はパパのような剣士になるんだよ。

画像の説明







二人目は自宅で出産をすることに決めました。 [#jd39dac6]

一人目は大学病院でしたが今回は自然分娩を選択しました。

画像の説明







初めての出産で予定日よりかなり超過してしまいましたが後方支援の医師のサポートがありかろうじて自宅出産が可能になりました。とてもとても大変でしたが頑張って自宅出産をしました。 [#mfa0c160]

画像の説明
画像の説明

あれから1年5か月経ちました。こんなに大きくかわいく成長しました。

ねえ ねえカメラ貸してよってそれはだめよ~。

画像の説明

こうすると開くのかなあ?

画像の説明

ねえ~ここにワンワンいるよってよく気がついたわね~。

画像の説明

ばあ~

画像の説明







初めての出産でした。途中までは順調でしたが [#l82f2485]

最後の部分でどうしてもベビーちゃんが降りて来られなくて最終的に病院で出産になってしまいましたが元気に生まれてくれて3時間後には自宅に帰宅することができました。本当にご苦労さまでした。初めてのお産は本当に大変です。

画像の説明
&** [#e995ad05]







パパは病院が大好き! [#uc4ba679]

ちょっと具合が悪いとすぐ病院 病院とうるさい!そんなパパでしたが自宅で出産に立ち会って「へっ」て顔をしていました。(笑)

画像の説明
画像の説明

こんなに大きくなりました。

画像の説明







4人目も自宅で出産!3人目も自宅でした。2人目は助産院です。

画像の説明
画像の説明







3人目も自宅で出産! [#ccfd5bbe]

今回は遠くに引っ越したからその分心配がありましたが首尾良く出産出来ました。

画像の説明

二人目のお兄ちゃんの時も自宅で出産しました。

画像の説明







いろいろ心配がありましたが最終的に自宅出産を選択し安産でホッとしました。

画像の説明







3人目は自宅出産を決めました。

上二人お兄ちゃんで今回はお嬢様でした。おっぱいが溢れるほど出るためたっぷり飲んで寝てばかり。きっと大きく成長されるのではないでしょうか。

画像の説明







二人目は自宅で産みたい!

パパの協力がとてもありがたくうれしかったです。



画像の説明
画像の説明







3人目は助産院で!

いろいろ心配や問題があったけど産んでしまえば何とかなりました。

画像の説明
画像の説明
画像の説明







二人目は自宅で産みたい!

妊娠初期になかなか気づいてあげられなくてごめんなさい!

長男のほうが先に「お腹に赤ちゃんがいるよ。」って気づいていたみたい。

病院受診でも、いろいろとハプニングがあったけれど無事 助産院でお世話になることができました。

出産は37週3日で少し早かったけどお産の進行も早く 危うく助産師さんが間に合わなくなるところでした。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明







4人目もえん助産院で。

今回は初産のようなお産でたっぷり時間がかかりました。

上3人は2600~2700gだったのに今回は大きく育ってしまって骨盤の構造上ギリギリだったのではないかと思います。

37週4日なのに3100gもあったので予定日までお腹の中にいたら普通には出られなくなることを察知したのかと思いたくなるようなお産でした。

画像の説明
画像の説明画像の説明画像の説明



産後一か月健診です。溢れるほどのオッパイを飲むのはいいのだけど、ちょっと飲み過ぎ傾向があって便秘のようにいきみます。

画像の説明
画像の説明
画像の説明







「お腹の赤ちゃんが小さいようだ」と言われて妊娠中は要注意!でした。

「食べなさい、食べなさい」と言われ続けていたのに・・・。

あまり小さいと病院、しかも大きな病院で出産をしなければならなくなります。

37週を過ぎてもお腹は大きくなりません。38週を過ぎて推定体重が2400g弱・・・。

やっぱり助産院では無理なので大学病院に転院を勧めることになりました。

でも予定日までいければ2500gにはなるかもしれないと思いつつ医師と相談しながら本人に説明をしましたがご本人は助産師でもあり自然分娩への思いが強く大学病院での出産に消極的でかなり落ち込んでしまいました。

それで嘱託医に本人の意思を伝え「では、もう一週だけ様子を見よう」ということになりました。

助産院での出産を引き受けることになりましたが出産時のベビーの状態によっては大学病院への搬送もあり得ます。

そうしたリスクを承知で「助産院で産む」と決意をされました。

とは言えいくら本人が助産院でと言っても無理なものは無理ですから当院としてもお断りしますが、今回は予定日まで2週間あり推定体重が2400gあるということ、そして本人が助産師であり自然分娩を強く希望していることなどを考慮して助産師生命をかけて引き受けることにしました。

すると本人曰く「産む場所が決まったとたんベビーが生まれる気になったらしい」ということで38週5日で2325gで分娩となりました。

お産は順調で初産でありながら6時間50分と経産婦なみのスピードでした。ベビーもとても元気でアプガールスコア10点でピンク色のきれいなベビーでした。

彼女の骨盤ではこの大きさでよかったのではないかと感じました。本当に安堵しました。



画像の説明
画像の説明
画像の説明

退院して13日目、オッパイケアーに呼ばれました。

オッパイは溢れるほど出ています。1日の体重増加が40~50gでグングン成長しています。
画像の説明






二人目は主人の実家で!

記助産師・・・いつも忙しいご主人も出産には立ち会われて良かったですね。

安産でかわいいお嬢さんをご出産されました。

画像の説明



二か月後、オッパイケアーに来院されました。

画像の説明
画像の説明







危ないところでした!

記助産師・・・二人目は助産院でというところまでは良かったのですが、ママは痛みに強いのか初産の時の出産がひどかったせいか・・・。

41週を過ぎても陣痛が来ず、月曜日には病院受診をしなければならないという前日の日曜日のこと、気になって「陣痛はまだみたいなの?」と連絡をすると「ええ、でもお腹はキューってはりますけど・・・。」とのこと。

ん!それって陣痛じゃあないの」と思ったので「何分ぐらいで張るか時間を計って!」と指示をしてしばらくして再度連絡をすると4~5分おきに張るとのこと。

なに、陣痛きてるじゃないとおもったので助産院に来てと指示をする。

徒歩15~20分くらいの道のりを家族と歩いて助産院に向かったところ、途中で破水をしてしまい車で迎えに行く。

助産院について診察をすると子宮口はほぼ全開で陣痛らしき痛みをやっと感じるようになったらしく少し顔をしかめている。

あわただしく分娩の準備をしてあっという間に3320gの女の子を出産するに至った。

安産だと喜んでいる場合ではない!危うく路上出産か墜落分娩になるところだったと思うと冷や汗が出た。

経産婦の恐怖、生まれるとなると急には止まれない!

待ったなしで飛び出してくるベビーがいるから少しも油断が出来ない!

画像の説明
画像の説明

三日目で退院!

画像の説明
画像の説明
画像の説明



生後3か月 親子4人家族で遊びに来て下さいました。

相変わらずひょうきん者のお姉ちゃん!「いいお顔をして」ってこのお顔なんです。

画像の説明

もう少しで3か月になります。母乳だけで7kg近くあります。

画像の説明

一応、私女の子です。将来大物の予感。

画像の説明




四人目にして初めて助産院で出産!

助産師記・・・予定日まであと一か月という時期に転院して来られました。

貧血がひどくこれでは助産院では出産できません。

嘱託医の指示で貧血治療に頑張って病院へ通いました。

ギリギリO・Kが出て予定日まであと二週間という時に陣痛がつきました。

11時30分ごろ「そんなに強くはないけど何となく不規則に痛みがあります。」との連絡をいただきました。

そこは長年培った助産師の勘とでもいうのでしょうか 「生まれる」と直感しました。

自宅までお迎えに行って助産院へ向かう途中、車の振動が刺激になったのか陣痛が強くなりました。

12時45分に助産院に到着して診察をすると子宮口はすでに半分開いており、陣痛が3~4分になりそのまま入院となりました。

14時02分には3400gのお嬢さんを無事出産されました。

分娩所要時間は陣痛をはっきり自覚し始めて1時間30分のスピード出産でした。

産後の回復が早く、家庭の事情もあり3日間で退院されました。でも、産後はくれぐれも無理をしないでくださいね。

画像の説明
画像の説明
画像の説明







三人目こそ自宅で自然分娩を!

のはずでした・・・。

待って待って待ってタイムリミットの42週近くまで待ちましたが前駆陣痛が二日間ほど続きましたがそれ以上には進展せず、諸事情があり、41週5日でオープンシステムを利用して病院で出産となりました。しかし、とても安産で分娩3時間後で自宅に帰ることができました。

赤ちゃんにも何らかの事情があったのでしょう。なにはともあれ親子共々元気で良かったです。

前回は2回とも病院出産でかなり人工的な出産をされたので身体の細胞達がそのことを記憶していたのかもしれませんね。



画像の説明
画像の説明
画像の説明


産後4日目です。
画像の説明







一人目は大学病院で、二人目は個人病院で、そして三人目は自宅で!

朝、前駆陣痛がありました。パパは出勤しちゃいました。午後4時過ぎにならないと帰って来られません。朝7時に5分間歇の陣痛で子宮口は柔かく4~5cm開大しています。この状況ではとても午後4時までは持ちこたえそうにはありません。通常なら午前中に産まれてもおかしくない状況なのに進行がちょっとゆっくりペースになりました。

ん!ベビーちゃんはひょっとしてパパを待つつもりかな?と思ったけどやっぱり午後2時前に生まれちゃいました。3kgの元気なお嬢様でした。





&show(): File not found: "CIMG0258.png" at page "経験談";

「や~だ」反抗期の2歳のお姉ちゃん、ママだ~い好きで容赦なく産後間もないママのお腹の上に乗っかってきます。ママはおちおち横にもなっていられません!(笑)

画像の説明
画像の説明
[添付]画像の説明





やっぱり 助産院で!

ちょっと、遠距離だったけどどうしても助産院で出産をしたいと考えて病院から転院しました! 四人目です。



画像の説明
画像の説明

お姉ちゃん二人と三人目はお兄ちゃんで僕です。

画像の説明

産後一か月健診です。母乳だけでしっかり大きく成長しています。

やさしいお姉ちゃん達も一緒に来院しました。

画像の説明
画像の説明




三人目は近所の助産院で!

一人目・二人目は病院出産だったけれど二人目がとても速い出産だったので近くの助産院を選びました。



画像の説明
画像の説明画像の説明
画像の説明

産後一か月健診は家族全員で来院されました。

産後二週間健診では体重の増加が芳しくなかったけれど、ちょっぴりミルクの力を借りて体重は増加しました。

画像の説明
画像の説明





二人目・三人目・四人目とえん助産院で!(自宅出産)

四人目もお坊ちゃまで~す。兄弟みんなよく似ています。

千歳あめじゃあないんだから・・・ごめん! 

みんな、とってもおりこうさんなんです。


ちょっと、早く生まれちゃったかな~胎脂がついてるね。

画像の説明

生まれたばっかりなんだけど 指しゃぶり上手だね~。その調子でおっぱいを飲んでね。

画像の説明

ママ、一人産むたびに美しくなるよね。

画像の説明

三男坊は恥ずかしがり屋さんです。写真が苦手なのかな~?

画像の説明

やっと、顔を見せてくれました。

画像の説明

さすが、お兄ちゃんだね。抱っこが上手!

画像の説明





6人目のお子さんです。大ベテランのお母さんです。

画像の説明
画像の説明





一人目は病院で出産をしました。

二人目は近くの助産院を選びました。
画像の説明

出産後一日目、二人目なのにのんびり出産で22時間くらいかかりました。なかなか陣痛の間隔が短くならず、長女を義母に預けてお産に集中することにしました。朝から入院をして散歩に行ったり、階段の昇降などをして夕方ころからやっと陣痛も本格的になってきたけれど、それでもやっぱり、ゆっくりゆっくりでまるで初産のような進行でした。それでも流石に経産婦さん、最後はいっきに進みました。

3~4日前から前駆陣痛があったので お疲れだったと思います。
本当にご苦労さまでした。
画像の説明

今日は産後4日目の退院日、お姉ちゃんになったのだけど、なんとなくママに抱かれている赤ちゃんが気になってママにあまえられないの。とってもおりこうさんのお姉ちゃんなのよね。いっぱいいっぱい我慢をしているのよね。

画像の説明

画像の説明





3人目は助産院で。

お母さんはお姉ちゃん達のことで頭がいっぱい!

一度陣痛がついたのに消えちゃったということで何となく落ちつがず
予定日前なのにまるで予定日を何日も過ぎているかのような心境。
フェイントはかけられたもののちゃ~んといい時期に生まれてくれました。
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明





初めての出産!経験豊富なお母さんに付き添われて。

お母さんも助産院出産の経験があり、その出産を見ていたということもあってか実に落ち着いた態度でした。陣痛が2~3分になるまで自宅待機でした。連絡を受けて大慌てでお迎えに行きました。すでに怒責感があり助産院に到着して30分くらいでお産になりました。

会陰も切れず、膣壁の大きな裂傷もなく、まるで卵を産むような安産でした。長年この仕事をしてきましたが初産でここまできれいなお産をみたことがありません。実に感動しました!


画像の説明
画像の説明
画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional